外壁塗装仙台明和現場ブログ

㈱明和 仙台市宮城野区原町3-5-28 創業57年 経験豊富で多くの施工実績を持った熟練の職人がどんな塗り替えにも対応いたします。住宅・アパートなどの屋根、外壁塗装・塗り替えに関する情報提供を目的に開設しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アパート 鉄骨階段・スチール手摺 補修塗装 仙台 2014.04.14

アパートの鉄骨階段は腐食が進行しやすく、スチール製の階段や手摺は塗装をしていないと劣化が進行します。通常、5年毎の塗替えをお勧めしていますが、実際、定期的な修繕をされているオーナー様は少ないようです。

今回の施主様は首都圏にお住まいですが、以前お付き合いのあった工務店さんとコンタクトが取れなくなり、弊社のHPを通じて補修塗装のお申し込みを頂きました。

最も腐食が進行している箇所は鉄骨階段・手摺の支柱・枠の取合い及び廊下デッキプレート面の腐食です。廊下手摺下端は一部穴があいて強度も低下し、窯業系のボードも外れて安全性に問題が有りました。

幸い腐食の進行は初期段階であり、接着剤&ビス止めで鉄板補強もしくは部分的な交換で対応が出来き、結果的には比較的低予算での補修が可能でした。腐食した鉄部をサンダーケレンしてエポキシ錆止めを塗布し、ウレタン樹脂塗料2回塗りで仕上げました。
 
脱落したパネル以外も全て撤去して厚さ16.0mmの窯業系外壁材に交換し、手摺枠の下端との取合いにはシーリング処理して雨水の侵入を防ぎます。

仙台市内には首都圏のお客様所有のアパートが数多く有りますが、管理が中々行き届かないため屋根・外壁・鉄部の劣化が進んでいたり、放置されて危険な状態になっている物件が見られます。気がついた頃の補修工事は思わぬ高額の出費とも成りかねませんので、定期的な修繕工事をお勧めします。

01sekoumae (31)

13sekoumae (112)

02sekoumae (2)

03sekoumae (94)

04sekoumae (109)

06hosyuu (9)

07koutei (9)

08koutei (16)

09nakanuri (13)

10nakanuri (3)

11nakanuri (3)

12kanryou (1)

14kanryou (2)

15kanryou (7)

0322kanryou (2)


関連サイト「住宅塗替え塗装ドットコム」

【地元仙台の気候風土・諸事情に適合し、経験豊富で多くの施工実績を持った職人がどんな塗り替えにも対応いたします】

スポンサーサイト

アパート鉄骨階段補修工事 ノンスリップ一体型塩ビシート貼り 仙台 2012.07.18

築15年位過ぎたアパートの補修依頼をネットから頂き、調査の上提案書&見積書を送付させて頂きました。オーナー様は首都圏にお住まいの方で、弊社ではこういうお客様からの見積り依頼が良くあります。

鉄骨階段は踏面・蹴上・桁一体型で、踏面にはモルタルが載っています。このモルタルから出るアルカリ水が鉄骨階段の腐食を進行させ、雨水の溜まり易い踏面の入隅部に腐食が見られました。一部は段裏を貫通して錆汁が流れ、表面の塩ビシートも剥離しており早急な補修が必要な状況です。アパートの場合には鉄骨階段の補修などあまり行っていないケースが多く、塗装する際に腐食がひどい状態だと初めて気が付くケースも少なく有りません。

特に仙台では首都圏のオーナーさんの物件が多く、管理会社にメンテを任せていても十分機能していない事が多いようです。当初は塗替えだけの予定が溶接を含む大掛かりな補修工事となってしましい、結果的に予算の2~3倍の費用が掛かるという構図です。

踏面は雨水が侵入して凍害が発生し、モルタルがボロボロの為脆弱部を斫り取ります。今回は傷んだ既存の踏面の塩ビシートを剥がし、耐久性と防水性向上の為踏面・蹴上共にt=3.2mmの鉄板を被せて溶接する方法をとりました。

全面に錆止めを施した鉄板を溶接し、桁・蹴上・踏面に錆止め材を塗り、ノンスリップ一体型の階段用塩ビシートをエポキシ接着剤で貼り付けます。桁・段裏を仕上げ塗りし、塩ビシートの端末をシール処理して完了します。

なお、塩ビシート端末のシール処理を行ると雨水が侵入し易く、シート剝れの原因となるので必ず処理します。
ノンスリップ一体型の塩ビシートはデザインやカラーが選択でき、美観が向上して建物のイメージを向上させます。

01 施工前
01 施工前

02 施工前
02 施工前

03 施工前
03 施工前

04 踏面モルタル不陸部斫り
04 踏面モルタル斫り

05 蹴上・踏面鉄板被せ溶接
05 蹴上・踏面鉄板被せ溶接

06 溶接完了
06 溶接完了

07 桁 エポキシ錆止め塗布+塗装
07 桁 エポキシ錆止め塗布+塗装

08 ノンスリップ一体型塩ビシート貼り
08 ノンスリップ一体型塩ビシート貼り

09 ノンスリップ一体型塩ビシート貼り 接着剤塗り
09 ノンスリップ一体型塩ビシート貼り 接着剤塗り

10 ノンスリップ一体型塩ビシート貼り完了
10 ノンスリップ一体型塩ビシート貼り完了

11 端末シール処理の後施工完了
11 端末シール処理の後施工完了

関連サイト「住宅塗替え塗装ドットコム」
【地元仙台の気候風土・諸事情に適合し、経験豊富で多くの施工実績を持った職人がどんな塗り替えにも対応いたします】


明和バナー01

アパート鉄骨階段塗装・改修工事 No.1 住宅塗替え塗装仙台 2010.09.10

HPからアパートの鉄骨階段塗装の見積り依頼を頂き、現場調査を行ってお見積りを提出しました。当初は鉄部だけの塗装の予定でしたが、いざ作業に取り掛かってみると窯業系のサイディングボードの脱落が著しく、階段・廊下全体の改修工事へ計画の変更となりました。

築26年ほどのアパートですが、オーナーさんは首都圏在住の為管理は地元の管理会社にまかせっきりで、殆ど修繕にお金を掛けられていない様な状況でした。仙台では良くあるケースで、築10~15年位の中古物件を購入されたオーナー様は、購入された直後から色々な修繕に追われ、間もなく屋根・外壁を含めた塗替えを決断されるケースが当てはまります。

したがって、その間の修繕は行われていない為劣化が進行していますが、実際問題としては入退室に伴う室内クリーニング屋や、クロスの貼り替え・塗装などに追われ、屋根・外壁の塗装・修繕まで手が回らないケースが多いようです。

今回のケースではサイディングの木下地が腐食してしまい、釘が効かずに脱落してしまった状況です。特に外部側では落下の危険性が有り、早急に改修が必要な旨報告させて頂きました。

その原因は、手摺壁には居室側でない為か防水シートがなく、シール処理されていないた為サイディング目地又はスチール枠との取合から雨水が侵入し、木下地を腐食させてしまったものと思われます。

結局今回の改修工事は、階段・廊下の手摺壁サイディングをすべて撤去し、手摺枠を残してアルミ挌子型の手摺を取り付けるという案に落ち着きました。

① 施工前01
01 施工前

② 施工前02
04 施工前

③ サイディングボード脱落
03 ボード脱落

④ 木下地の腐食01
04ボード下地腐食

⑤ 木下地の腐食02
05 ボード下地腐食

関連サイト「住宅塗替え塗装ドットコム」
【地元仙台の気候風土・諸事情に適合し、経験豊富で多くの施工実績を持った職人がどんな塗り替えにも対応いたします】



明和バナー01

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。