FC2ブログ

外壁塗装仙台明和現場ブログ

㈱明和 仙台市宮城野区原町3-5-28 創業57年 経験豊富で多くの施工実績を持った熟練の職人がどんな塗り替えにも対応いたします。住宅・アパートなどの屋根、外壁塗装・塗り替えに関する情報提供を目的に開設しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災復旧工事 鉄骨ALC外壁アパート 磁器タイル張替え 仙台 2014.04.16

仙台市内の分譲マンション震災復旧工事は昨年でほぼ終了した感が有りますが、賃貸マンションやアパート等はまだこれからという所も多いようです。特に、外壁タイルの浮きやひび割れ補修が手付かずで、そのまま放置されているケーも見られます。

今回のアパートのオーナーさんは首都圏在住の為、中々改修工事に着手出来ずにおられましたが、弊社のHPをご覧頂いて工事のご契約を頂きました。

建物は鉄骨造りのALC外壁に磁器タイルを張った仕上げですが、鉄骨構造3階建てのアパートは震災の揺れがお大きかった様で、タイルのひび割れが多数生じて漏水に至る状況でした。特に、基礎とALCの取合いヶ所損傷が激しく、原因はALC]が大きく動いたためタイルに亀裂が生じたものです。

補修の工程は、タイルを斫り取ってALCの欠損箇所を「サンモールC」という専用の補修材で修復し、基礎とALC都の間のひび割れはUカットシールを行なってから下地を戻します。

磁器タイルタイルは弾性のあるシリコン樹脂系のボンドで貼り付け、目地モルタル詰めを行ってからエフロ流出防止のために酸洗いを行い、タイルの打継ぎ目地とサッシ屋鋼製建具廻りのシールを打替えを行います。

最後に磁器タイル全面を薬品洗浄し、各戸の玄関扉の硬質塩ビシート貼りを行なうと見違えるように綺麗に仕上がりました。1階はオーナー様の親戚宅ということも有り、お客様には大変高い評価を頂きました。

なお、ALC外壁の場合はRC造りと異なりタイル浮きの場合のエポキシ樹脂注入は出来ませんので、全て斫り取って剥がして張り戻します。

今回の作業は施工前・工程・施工完了全てをデジカメに収め、工程が解りやすいように編集の上施主様に送付させて頂きました。

01yamatomati (2)

02yamatomati (1)

03yamatomati (12)

04yamatomati (7)

0301yamatomati (11)

05yamatomati (3)

06yamatomati (5)

07yamatomati (8)

08yamatomati (13)

09yamatomati (4)

10yamatomati (6)

11yamatomati (9)

12yamatomati (10)

13yamatomati (14)



関連サイト「住宅塗替え塗装ドットコム」

【地元仙台の気候風土・諸事情に適合し、経験豊富で多くの施工実績を持った職人がどんな塗り替えにも対応いたします】









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alpainski.blog2.fc2.com/tb.php/60-2907b97c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。