外壁塗装仙台明和現場ブログ

㈱明和 仙台市宮城野区原町3-5-28 創業57年 経験豊富で多くの施工実績を持った熟練の職人がどんな塗り替えにも対応いたします。住宅・アパートなどの屋根、外壁塗装・塗り替えに関する情報提供を目的に開設しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廊下床・階段塩ビシート貼り工法 2015.11.06

アパートの廊下や階段の補修は見逃され気味ですが、築15年以上になるとモルタルの床や階段の踏面・踊り場は劣化が進行します。モルタルの乾燥収縮によるひび割れ・薄塗りモルタルの浮きなどが発生し、次第に雨水が侵入してその症状は拡大してゆきます。

殆どのアパートでは床・階段の防水は施さていませんが、外壁・屋根の塗替え時期そのまま放置されているケースが多いです。特に仙台では北面の場合モルタルが凍害で破壊されるケースも見受けられ、鉄骨の腐食などと合わせて劣化は進みます。場合によっては手遅れになることもあり、出来れば適切な時期の防水工事をお勧めします。また、塩ビシート貼り工法場合には美観の向上と高級感が増し、耐久性も向上とともに資産の維持も図ることができます。

塩ビシート貼りの場合は高圧洗浄後の不陸調整が必要で、密着性の良いカチオン系フィーラー樹脂モルタルなどで床や階段の踊り場・踏面を平滑に仕上げ、十分乾燥したのち塩ビシートを貼ります。ウレタン塗膜防水と比べると工程が少なく、塩ビシートを貼った後はすぐ歩けるので入居者様の負担も少なくなります。シート貼り完了の後はシート端末のシール処理を行って剥がれや雨水に侵入を防ぎます。

外部階段の踏面は防水性の良いノンスリップ一体型がお勧めです。耐久性はウレタン塗膜防水工法と比べ高く、雨や降雪時にも比較的滑りにくく、鉄骨階段の場合には歩く時のコツコツ音も少なくなります。但し、床や階段に側溝がない場合には雨水が抜けにくいという難点があります。

0630sekoumae (37)
施工前

1005kanryou (35)
施工完了

0725sekoumae (3)
施工前

0914koutei (9)
施工完了

0725sekoumae (26)
施工前

0914koutei (1)
施工完了

0827sitaji (4)
不陸調整 (樹脂モルタル)

0827sitaji (3)
不陸調整完了

0914koutei (4)
塩ビシート貼り状況

0827sitaji (1)
踏面 カチオン系フーイラー全面左官仕上げ

0827sitaji (6)
左官仕上げ完了

仙台住宅塗り替え.com 仙台の屋根塗装, 外壁塗装, 防水などのリフォーム工事専門店
関連サイト「住宅塗替え塗装ドットコム」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alpainski.blog2.fc2.com/tb.php/79-007cb665
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。